【エートゥゼット】大阪キャンピングカーフェアで突撃インタビューしました!!

CAMPINGCAR LIFE

2022.10.28

【エートゥゼット】大阪キャンピングカーフェアで突撃インタビューしました!!

2022年10月15・16日に開催した大阪キャンピングカーフェア、皆さんはイベントへ行きましたか?
今回、キャンカー編集部はエートゥーゼットの魅力を皆さんにより知っていただくべく、ブースへ突撃インタビューして、ブースのコンセプトからおすすめ車種まで根掘り葉掘り聞いてきました!

この記事を読んでいただければ、エートゥーゼットのお店へ行ったりイベントでブースを訪れる際に、より楽しくキャンピングカーを見ていただけると思います。後ろの方にちょっとした新情報も記載しておりますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

エートゥーゼットってどんなキャンピングカービルダー?

ジャパンキャンピングカーショー2022のブース

キャブコンやバンコンを中心に、幅広いラインナップを誇るキャンピングカービルダー。ほかのビルダーにないエートゥーゼットの魅力としては、プロのインテリアコーディネーターがキャンピングカーの内装をデザインしているところです。

インテリアトータルプロデューサーとして活躍している「MAKO」さんが手掛けたキャンピングカーは、どれも柔らかく温かみのあるデザインで、女性・お子様ウケの高い雰囲気を持ちます。良い意味で、キャンピングカーらしくなく、まるでお家かのようにほっと一息つけるような素敵なインテリアなのです。

また、エートゥーゼットの魅力はオシャレな内装だけでなく、機能性の高さを保ちながらも初心者にも優しい価格帯であることも挙げられます。
例えば、キャブコンの相場は600~1000万とそれなりのお値段するところ、エートゥーゼットのキャンピングカーであれば、コンパクトなタイプが500万円台、家族で使えるしっかりしたタイプでも600万円台と、相場から見てもかなり低い位置にあることがわかります。

エートゥーゼットは、初めてキャンピングカーを買う方も、コスパ良く高品質なキャンピングカーを買う方にもおすすめな、キャンピングカービルダーです。

エートゥーゼットのブースコンセプトは「ニューノーマルモビリティ」

出典:エートゥーゼット公式サイト

エートゥーゼットは2年間『ニューノーマル・モビリティ』というコンセプトでブースを作り上げています。

コロナウイルスが蔓延して以来、常に新しい価値観が生まれ続けている昨今。そんな中で様々なシーンに対応する「ニューノーマル」な「モビリティ」を提案したい、という思いからこのコンセプトにしたそうです。

確かに、コロナウイルスが流行してからキャンピングカーの需要は右肩上がりで、密回避の新たな旅行手段やリモートワークのお供、いざという時の災害の備えなど用途も様々です。

そんな中で『ニューノーマル・モビリティ』を掲げるエートゥーゼットは、現代にピッタリなビルダーさんとも言えますね!

過去のブースの様子はコチラ

3月開催 大阪キャンピングカーショー2022

7月開催 東京キャンピングカーショー2022

9月開催 横浜キャンピングカーショー2022

イチオシキャンピングカーを聞いてみました!

出典:エートゥーゼット公式Twitter

大阪キャンピングカーフェアに展示されていた車両の中で、おすすめなキャンピングカーがどれか聞いてみました!ここからは、エートゥーゼットのスタッフが選ぶイチオシキャンピングカーを紹介していきたいと思います。

エートゥーゼット一番人気のアレンH

出典:エートゥーゼット公式サイト

エートゥーゼットの中でも、特に人気なのがコンパクトなキャブコンの「アレン・H」。
ベース車両の生産が終了してしまったキャブコン「アミティ」の後継モデルとして作られたキャンピングカーです。後継モデルなだけあり、レイアウトもアミティに似ています。

アレン・Hの良いところは、丁度いいサイズ感手頃なお値段な点です。

マツダボンゴトラックがベースなので、小回りが利くサイズ感。それでありながら、室内高最大1850mmを実現しているので圧迫感のないゆとりある空間が特徴的です。内装はスタイルの異なる「キセキ」と「ミライ」からお選びいただけます。

出典:エートゥーゼット公式サイト 内装スタイル「キセキ」
出典:エートゥーゼット公式サイト 内装スタイル「ミライ」

お値段についても、車両本体価格が税込みで5,170,000円ですので、キャブコンであることを考えるとかなり良心的ですよね。初めてキャンピングカーの購入に踏み切ろうとしている方に全力でおすすめしたい1台です。

ファミリー向けのアンソニーライト

出典:エートゥーゼット公式サイト

家族連れでの利用にピッタリなファミリータイプの「アンソニーライト」。カムロード・ガソリンモデルなので、普通免許で運転することができるキャブコンです。
新型カムロードのディーゼルベースの場合、2017年3月以降に運転免許を取得した方は準中型免許が必要となるので、カムロードベースを普通免許で運転できるのはとっても嬉しいですね。
軽量化ボディのおかげでパワフルな走りを期待することができます!

内装に天然木材を取り入れているので、全体的に明るい雰囲気です。明るく柔らかい内装はお子様や女性受けすること間違いなしですね。アンソニーライトもインテリアトータルプロデューサーのMAKOさんがデザインしています。
インテリアは、販売終了したアミティで好評を得ていた内装デザインコンセプト「Fiore(フィオーレ)」「Porto(ポルト)」「Bosco(ボスコ)」をアンソニーライト版にリニューアル!どれも可愛らしく素敵な雰囲気です。

出典:エートゥーゼット公式サイト 内装スタイル「フィオーレ」
出典:エートゥーゼット公式サイト 内装スタイル「ポルト」
出典:エートゥーゼット公式サイト 内装スタイル「ボスコ」

エートゥーゼットの今後のイベント出展はコチラ

イチオシキャンピングカーを見て、「実物を見てみたい」と思ったそこのあなた!これから開催するキャンピングカーのイベントの中で、エートゥーゼットが出展するイベントをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

お台場キャンピングカーフェア

出典:JRVAイベントドットコム公式サイト

お台場キャンピングカーフェア公式サイト

福岡キャンピングカーショー

出典:JRVAイベントドットコム公式サイト

福岡キャンピングカーショー公式サイト

ジャパンキャンピングカーショー

出典:JRVAイベントドットコム公式サイト

ジャパンキャンピングカーショー2023公式サイト

おわりに

いかがでしたでしょうか?エートゥーゼットのブースコンセプトやキャンピングカーには目を惹くものがありましたね。現代ならではのコンセプトをもつエートゥーゼットは、キャンピングカーに興味がある人全員におすすめしたいビルダーです。

来年開催のジャパンキャンピングカーショーでは、なんと新車が出る予定だそうです!どんな新車が出るのか、「ニューノーマル・モビリティ」というコンセプトでどんなブースを作り上げるのか、これからが楽しみですね!

当サイトでは、記事を毎日更新しているほか、イベント情報やキャンピングカーレンタル業者を紹介しております。ぜひこちらも併せてチェックしてくださいね。

毎日更新!「キャンピングカーを100倍楽しむ」ENJOY記事一覧はコチラ
随時更新中のイベント情報はコチラ
レンタル情報はコチラ

CAM-CAR | キャンカー編集部

  1. キャンピングカーのCAM-CARトップ
  2. コラム
  3. 【エートゥゼット】大阪キャンピングカーフェアで突撃インタビューしました!!