【キャブコンならではのサイズアップが居住性に効果あり】オートショップアズマのキャンピングカー「ラ・クーンⅡ タイプ ディ(ベンチタイプ)」

CAMPINGCAR LIFE

2022.12.31

【キャブコンならではのサイズアップが居住性に効果あり】オートショップアズマのキャンピングカー「ラ・クーンⅡ タイプ ディ(ベンチタイプ)」

空気抵抗を考慮したラウンドフォルムを採用。足回りも強化済みの軽キャンです。

この記事を読めば、車両価格や車両サイズなどの仕様、標準装備など「ラ・クーンⅡ タイプ ディ(ベンチタイプ)」の特徴が網羅できます。

本記事は、多くの車雑誌を刊行しているマガジン大地の『キャンプカーマガジン』11月号との連動記事になります。

「ラ・クーンⅡ タイプ ディ(ベンチタイプ)」ってどんなキャンピングカー?

サイズ面で自由度の高いキャブコンは、軽自動車ベースであってもやはりスペースの余裕が魅力です。それでいて全長は4m未満なので、機動性の高さも維持できています。行動的なユーザーに似合うキャンピングカーといえます。ベンチシートから簡単に展開できるダイネットベッドは、横幅1400㎜で、脇にキッチンを備えつつも余裕があるのは、キャブコンゆえのメリットだからです。サブバッテリーと走行充電、外部充電を搭載し、それ以上の各機能はオプションとなります。コストを優先したベーシックな作りの分、手頃といえるはずです。ラ・クーンⅡはここで取り上げたモデルのほかに、マルチアクションシートを用いて対面4座ができるタイプも用意していて、用途に合わせてチョイスできるのは嬉しいポイントです。

「ラ・クーンⅡ タイプ ディ(ベンチタイプ)」の詳細を見ていこう

内装

軽ベースとしては驚異的な広さを持ち、ベンチシートは3名分のシートベルトが備わっています。

助手席

助手席もリクライニングシートのため、移動中の快適性が高まっています。

カーテン

運転席後ろのカーテンは標準装備です。

バンクベッド

バンクベッドは1800×1570㎜の広さがあり、ファミリーでの利用にも対応しています。

ベッド

ベンチ下のパネルを展開して背もたれを置くだけでベッドに早変わりします。

収納

ルーフサイドと奥にも扉付き収納を備えています。

シンク

シンクは給排水タンクを各10ℓ備えています。

ベンチシート下

ベンチシート下は大きな収納庫となり、サブバッテリーもここに収まります。

電源スイッチ

エントランスの脇にまとめられた電源スイッチです。

コンセント

車両左後方のキッチン左側にAC100Vコンセントを配置していて使い勝手を考えたレイアウトが取られています。

シューズボックス

エントランス脇のシューズボックスです。助手席をリクライニングしたい場合は、回転することで自由度を確保するアイデアが施されています。

車両データ

価格:3,689,400円(税込み)〜
ベース車両:ハイゼットトラック エクストラ
車両サイズ:L3780×W1750×H2430㎜
エンジン:660ccガソリン
ミッション:AT
駆動方式:2WD
乗車定員:5名
就寝定員:大人2名+子供2名
ベッドサイズ:1900×1400㎜(ダイネット)
       1800×1570㎜(バンク)
水タンク容量:給水10ℓ 排水10ℓ
登録ナンバー:8ナンバー

【装備】○:標準 △:オプション ー:なし
<サブバッテリー>
<走行充電>
<外部電源>
<インバーター>
<冷蔵庫>
<電子レンジ>
<FFヒーター>
<TV>
<バックアイカメラ>
<シンク>
<ベンチレーター>

お問い合わせ:オートショップアズマ https://www.az-max.co.jp/

連動記事にご協力いただいた雑誌「キャンプカーマガジン」

本記事で紹介した新車情報はキャンプカーマガジン11月号に掲載されているの内容のほんの一部です。雑誌の方では、軽キャンに限らず、さまざまなタイプの新車情報が盛りだくさんに掲載されていますよ。

キャンプカーマガジンは奇数月の28日発売。
最新号11月号の発売中です、お買い求めください。
キャンプカーマガジン公式ウェブサイトはこちら。

当サイトでは、記事を毎日更新しているほか、イベント情報やキャンピングカーレンタル業者を紹介しております。ぜひこちらも併せてチェックしてくださいね。

毎日更新!「キャンピングカーを100倍楽しむ」ENJOY記事一覧はコチラ
随時更新中のイベント情報はコチラ
レンタル情報はコチラ

  1. キャンピングカーのCAM-CARトップ
  2. コラム
  3. 【キャブコンならではのサイズアップが居住性に効果あり】オートショップアズマのキャンピングカー「ラ・クーンⅡ タイプ ディ(ベンチタイプ)」