【重視すべきポイントにこだわった特化モデル】ケイワークスのキャンピングカー「ネドコ」

CAMPINGCAR LIFE

2023.01.24

【重視すべきポイントにこだわった特化モデル】ケイワークスのキャンピングカー「ネドコ」

ポップアップルーフが異彩を放つものの、派手さは控え目なシンプルなデザインの軽キャンです。

この記事を読めば、車両価格や車両サイズなどの仕様、標準装備など「ネドコ」の特徴が網羅できます。

本記事は、多くの車雑誌を刊行しているマガジン大地の『キャンプカーマガジン』11月号との連動記事になります。

「ネドコ」ってどんなキャンピングカー?

寝床に由来する車名の通り、睡眠の質にこだわったモデルです。そのポイントは通気性に優れ、最適な耐圧分散でどこでも安眠できる高機能なベッドマットにあります。エアファイバーの三次元スプリング構造が、頭、肩、腰にかかる負担を軽減していて、水洗いも可能なので清潔さも保てます。ぐっすり眠れるというのは何よりの贅沢です。バックドアを開けるとステンレスのテーブルが引き出せるギミックを搭載し、拠点としての使い勝手も高めています。もともとはワゴン専用モデルだったが、リーズナブルなバン仕様も追加し、ポップアップルーフ仕様も選べ、就寝定員が倍増しています。サブバッテリーなどはオプションなので、睡眠+αをどれだけのレベルで求めるかによって選択することになります。

「ネドコ」の詳細を見ていこう

車内

クッション性と機能性に優れたベッドマットを使用した室内です。

片側ベッド

片側のシートを使える状態で反対側をベッドにすることが可能です。

後部座席

ベッドマットを後方にしまえば後席が使えます。

コントローラー

サブバッテリーのコントローラーやコンセントは左後方側面に配置されています。

サブバッテリー

サブバッテリーはオプションです。

インバーター

インバーターもオプション設定です。

ルーフ収納

ルーフ収納があることで車内の整理整頓もやりやすい仕様です。

テーブル

リアハッチを開けると引き出せるテーブルは、コンロも使いやすいステンレス製です。

ポップアップルーフ

ポップアップルーフがあれば、上下に分かれて寝ることだって可能です。

ライト

バックドアの内側にライトを内蔵しています。

テレビ

オプションのTVはチルトダウンタイプです。

車両データ

価格:1,914,000円(税込み)〜
ベース車両:エブリイ バン PC、JOIN/ワゴン JPターボ、PZターボ、PZターボスペシャル
車両サイズ:L3395×W1475×H1895
     (ポップ1980/ワゴン1910)㎜
エンジン:660ccガソリン
ミッション:AT/MT(ワゴンはATのみ)
駆動方式:2WD/4WD
乗車定員:4名
就寝定員:2名(ポップ:4名)
ベッドサイズ:1850×1330㎜
水タンク容量:給水ー 排水ー
登録ナンバー:4/5ナンバー

【装備】○:標準 △:オプション ー:なし
<サブバッテリー>
<走行充電>
<外部電源>
<インバーター> △
<冷蔵庫(ワゴンは△)>
<電子レンジ(ワゴンは△)>
<FFヒーター> △
<TV> △
<バックアイカメラ>
<シンク(ワゴンは△)>
<ベンチレーター(ワゴンは△)>

お問い合わせ:ケイワークス https://kworks-aurora.com/

連動記事にご協力いただいた雑誌「キャンプカーマガジン」

本記事で紹介した新車情報はキャンプカーマガジン11月号に掲載されているの内容のほんの一部です。雑誌の方では、軽キャンに限らず、さまざまなタイプの新車情報が盛りだくさんに掲載されていますよ。

キャンプカーマガジンは奇数月の28日発売。
最新号11月号の発売中です、お買い求めください。
キャンプカーマガジン公式ウェブサイトはこちら。

当サイトでは、記事を毎日更新しているほか、イベント情報やキャンピングカーレンタル業者を紹介しております。ぜひこちらも併せてチェックしてくださいね。

毎日更新!「キャンピングカーを100倍楽しむ」ENJOY記事一覧はコチラ
随時更新中のイベント情報はコチラ
レンタル情報はコチラ

CAM-CAR | キャンカー編集部

  1. キャンピングカーのCAM-CARトップ
  2. コラム
  3. 【重視すべきポイントにこだわった特化モデル】ケイワークスのキャンピングカー「ネドコ」