【初日爆速レポート】大阪キャンピングカーショー2022

CAMPINGCAR LIFE

2022.03.12

【初日爆速レポート】大阪キャンピングカーショー2022

大阪府大阪市のインテックス大阪にて 3/12(土)、13(日)の二日間で開催される「大阪キャンピングカーショー2022」。CAM-CAR(キャンカー)編集部では、どこよりも早い爆速レポートをお送りします。

イベント概要

出展:大阪キャンピングカーショー2022公式サイト

日 付:2022年3月12日(土)〜13日(日)
時 間:両日とも10:00~17:00
会 場:インテックス大阪 1号館+2号館
入場料:大人(中学生以上)1,000円 / 小学生(未就学児は無料)600円
ペットケア費:1頭500円、2頭以上1,000円
出展社:50社以上

先週開催された名古屋キャンピングカーフェアに続き、本日も雲一つない晴天です!
天気が良いとお出かけも心が弾みます。イベント日和ですね。

会場へ到着、イベントの看板を発見しました。
現在午前九時半ですが既に入場券を購入する人で溢れています。流石西日本最大級なだけありますね…!想像以上に並んでいたので、朝から入りたい人は早めに足を運ぶのがオススメです。

イベント開場が待ち遠しいですね。ワクワクしてきました!

屋内展示会場

長蛇の列を耐えて、やっと会場内に入ることができました!開場早々にもかかわらず、どこを見渡しても楽しそうにキャンピングカーを見て回るお客様でいっぱいです。
大阪キャンピングカーショーはペットの同伴オッケーなので、かわいいワンちゃんを連れたお客様もちらほら。愛犬とキャンピングカーで各地を巡る旅、憧れます!

会場MAP

大阪キャンピングカーショー2022の会場MAPはこちら。会場は1号館と2号館に分かれております。見に行きたい出展社さまがあるときは、事前に目星をつけておくと楽に向かうことができそうです!

新型車発見!

スペースキャンパーB-COOL – キャンピングカー長野

人気のスペースキャンパーの新しいシリーズ、Bタイプのエアコン付きです。
このキャンピングカーの良さは、なんといっても標準装備の多さです。こんなに充実しているのに、ここ最近で「ドアミラー自動開閉装置」をさらに追加したそう。
オプションを付けずとも装備が充実しているので、大きな値段の変動もなくわかりやすいですよね!
気になる標準装備品は以下となります。

標準装備

【内装関係】断熱により雨音が軽減します
●断熱施工・重歩行クッションフロア貼り
●座席シートベルト付・フラットベット仕様
●遮光カーテン (フロント回し取付)
●固定式テーブル(シート丸穴加工)
●テーブルベース前後取付
●天井飾りボード (LEDスポットライト付)
●バックドア用背もたれソファー・物干ロープ
●流し丸型落し蓋・フロントフロアマット

【電装関係】停泊時は、テレビ鑑賞可
●Lithum-lon サブバッテリー走行充電システム
●純正室内ライト+ナンバー灯 LED球に交換
●集中スイッチ・100Vコンセント・12Vソケット
●10#フルセグメモリーナビ・バックモニターカメラ
●前後録画ドライブレコダー・分離型ETC (音声付)
●15.6#ブリップダウンモニター
●FFヒーター+コントロールスイッチ
●15L横型冷蔵庫 (冷凍庫として使用可)
●1500W正弦波インバーター・リモコンスイッチ付
●Lithum対応・外部充電システム・ケーブル付
●100Wソーラーパネル + Lithum 対応コントローラー
●Lithum 専用バッテリーメーター
●純正レバー式オートクルーズコントロール
●MAXファン (カバー付)・バックドアLED作業灯
●100V電子レンジ (棚付き)
●コンソールテーブル&肘掛けBOX

【外装品】簡単ワックス剤付・水洗い後散布
●ドアミラー自動開閉装置
●モデリスタフロントスポイラー・サイドバイザー
●希望ナンバー+ETCセットアップ

ヨセミテ – ファンルーチェ

安全性・操作性を高める製造が得意なファンルーチェからは、中長期滞在にオススメなカムロードベースのキャブコンが新登場。トラックベースの良さとカッコよさを無理なく最大限に引き出した作りとなっています。
前面のキャブはバングヘッドを絞って風の抵抗を受けにくくしつつ、波を入れることで雨水に濡れることなくエントリーできる、というこだわりも。
出入りがしやすいよう、エントランス部分を下げる工夫も施しています。他にも防寒遮熱に優れていて、かつ、雨が降っても車内に音が聞こえにくい仕様となっております。

車内も快適に過ごせるような工夫が沢山ありました。
シャワールームにはヒーター引き出し口があるので、乾燥室としても利用可能です。

広々としたリアダブルベッドは簡単に取り外しができるアルミフレームで作られているので、車内から楽に荷物の出し入れをすることができます。
下のスペースはとても広いので、ワンちゃんのお部屋としての活用もできるんだとか。

3B – TACOS

2022年に新しく登場したばかりのハイエースのバンコンです。
車体の真ん中あたりがぽっかり空いており、なんとそこには室外機が入っています。
上手な空間の使い方には脱帽ですね、車内には床下収納もございます。

標準装備

●PANASONIC 家庭用6畳型エアコン
●走行充電装置
●サブバッテリー
●40L冷蔵庫
●シャワー
●シンク、電動ポンプ
●清・排水20Lポリタンク
●対面座席セカンドシート
●リアー2段ベッド
●アクリル二重窓2か所
●ブラインド&網戸2か所
●スライドカーテン4か所
●12V、100Vコンセント
●5連集中パネルスイッチ
●電圧計USBシガーソケット
●室内LEDライト
●100Vパワーインレット
●サブバッテリー充電器
●TOYOTA SAFETY
●ベース車両標準装備品

オプションのリチウムイオンバッテリー(100A・200A・300Aの3種類)を付ければ、さらに快適に車中泊ができます!

WOHN EXC – 東和モータース販売

新型カムロードに合わせて製造された豪華なキャブコン!かっこいいデザインですね。これまでのWOHNとは、外装も内装も一味違います。

内装はこれまでのWOHNを継承しつつ、リッチでお洒落なテイストに。ところどころ使われている間接照明がお洒落で筆者はとても気に入っています!
また、目に見えるところだけでなく、バッテリーはナッツRVのあの有名な「ハイパーエボリューション」を搭載したり、断熱材の質を上げたりと、見えないところもしっかりグレードアップしています。

立派なキャブの内側はとっても広い就寝スペースが。横幅がとても広く、なんと大人3名で寝ることが可能。
一人で贅沢に使うのも、みんなでワイワイ使うのもどっちも楽しそうですね!

キッチンカーエリアでひと休み♪

毎度恒例のキッチンカーエリアでのお食事タイム。筆者はイベントのキッチンカーも目が外せません、食べることが好きなのです(笑)

本日わたしがいただくのはこちら!どれもとっても美味しくボリューム満点コスパ良し。たっぷり食べて、午後も元気にイベント会場を駆け巡りましたとさ!

明日(3/12)も開催します!

「大阪キャンピングカーショー」は明日も開催いたします。
おひとり様からご家族・恋人・友人と楽しめるイベントですので、是非イベントへ行ってみましょう!

「大阪キャンピングカーショー 2022」公式サイトはこちら。

CAM-CAR(キャンカー)ではこのようなイベント情報を随時発信していますので、イベント情報も是非チェックしてみてください。

CAM-CAR | キャンカー編集部

  1. キャンピングカーのCAM-CARトップ
  2. コラム
  3. 【初日爆速レポート】大阪キャンピングカーショー2022